広告

ExifEraser

更新日:
このエントリーをはてなブックマークに追加

JPEGのEXIF情報を簡単に一括削除できるソフト「ExifEraser」

ExifEraserのスクリーンショット
スクリーンショット一覧を見る

制作者 : Kosuke
対応OS : Windows XP/Vista/7/8

rating: おすすめ度

ダウンロード
ExifEraser
JPEG形式の画像ファイルに保存されているEXIF情報を、対象のファイルをまとめてドラッグ&ドロップするだけの簡単な操作で一括削除することができるソフト。スマートフォン等で撮影した写真には、EXIF情報として撮影場所など個人情報につながる恐れのある情報が保持されている場合があるので、ネット上にアップロードする際などは本ソフトを使ってあらかじめEXIF情報を削除しておきましょう。

「ExifEraser」は、JPEGファイル内に保持されているEXIF情報を簡単な操作で削除することができるソフトです。EXIFとは、デジタルカメラ等で写真を撮影した際に保存されるJPEG形式の画像ファイル内に保管されているメタ情報のようなもので、通常は写真の解像度や撮影日時、撮影に使用したカメラの機種、シャッター速度や焦点距離等カメラの設定などの情報が保管されています。

これは元々はPC上で写真の管理をしやすくしたり、印刷の際にこの情報を利用してプリントアウトを最適化するために利用される一種の規格ですが、携帯電話やスマートフォンなどで撮影した写真には、通常のデジタルカメラとは異なり、上記の情報に加えて撮影した場所の位置情報など個人特定につながる可能性のある情報までもEXIFとして写真内に保管されている場合があります。

そのため、撮影した写真を匿名のブログやソーシャルメディアなどネット上にアップロードする際には、個人情報を守るためにも不用意にアップロードせず、必ず本ソフトを使ってEXIF情報を削除してからアップロードするようにしましょう。JPEGファイルのEXIF情報を削除できるソフトは他にもありますが、本ソフトは対象のファイルをドラッグ&ドロップするだけでOKという手軽さが特長です。

<ExifEraser の使い方>

  1. 「ExifEraser.exe」を実行して「ExifEraser」を起動します。
  2. 「ExifEraser」のウィンドウが開いたら、以下の項目うちのいずれかを選択しラジオボタンにチェックを入れます。
    • ドラッグしたファイルの Exif 情報を削除する。
      対象のJPEGファイルの Exif 情報を削除して上書きします。
    • ドラッグしたファイルを指定したフォルダにコピーして Exif 情報を削除する。
      元のJPEGファイルは保持し、別のフォルダにコピーした上で Exif 情報を削除して保存します。こちらを選択した場合は「参照」ボタンをクリックしてコピー先のフォルダを指定してください。
  3. EXIF情報を削除したいJPEGファイルを「ExifEraser」のウィンドウ上の任意の場所にドラッグ&ドロップします。
    • 複数のEXIF情報を削除したいJPEGファイルをまとめてドラッグ&ドロップすることができます。
  4. 「Exif 情報の削除処理が完了しました。」というダイアログが表示されたらEXIF情報の削除が完了です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加