広告

ごみ箱+

更新日:
このエントリーをはてなブックマークに追加

ごみ箱に関する様々な操作をタスクトレイから実行できるソフト「ごみ箱+」

ごみ箱+のスクリーンショット
スクリーンショット一覧を見る

制作者 : Wing
対応OS : Windows 2000/XP/Vista/7/8

rating: おすすめ度

ダウンロード
ごみ箱+
タスクトレイ上のアイコンから、Windowsのごみ箱に関連する様々な操作を行えるようにするソフト。ごみ箱を開く / ごみ箱を空にする / ごみ箱内のファイルのうち特定の条件に一致するファイルのみ削除する といったコマンドをタスクトレイから素早く実行することができるほか、ごみ箱に現在入っているファイル数とファイルサイズをポップアップで手軽に確認することもできます。

「ごみ箱+」は、ごみ箱に関するいくつかの操作をタスクトレイから素早く実行することができるソフト。タスクトレイ上のアイコンを右クリックすることで、
  • ごみ箱をエクスプローラで開く
  • ごみ箱を空にする
  • ごみ箱内の特定の条件に一致するファイルのみを削除する※1
といったコマンドを手軽に実行することができるほか、タスクトレイ上のアイコンにマウスオーバーすることで、ごみ箱に入っているファイル数およびファイルサイズをポップアップで知らせてくれる機能を備えています。
  • ※1 ファイルが存在していたドライブ / ファイルをごみ箱に入れた日時 / ファイルサイズ によって条件を指定することが可能。
また、これらの操作はタスクトレイのアイコンを 左クリック / 左ダブルクリック / 右ダブルクリック / ミドルクリック することで一発で実行できるよう設定することも可能。タスクトレイに表示されるアイコンは、ごみ箱に入っているファイルの合計容量によって4段階に変化するようになっており、現在のごみ箱の状況を素早く把握することができます。

スポンサーリンク


<ごみ箱+ の使い方>

    基本的な使い方

  1. 「TrashBoxPlus.exe」を実行して「ごみ箱+」を起動します。
  2. タスクトレイ上にアイコンが表示されます。
    • このアイコンの上にマウスカーソルを乗せると、ごみ箱に入っているファイル数とその合計ファイルサイズがポップアップで表示されます。
  3. タスクトレイのアイコンを右クリックするとメニューが表示され、以下のような操作を実行することができます。
    • ごみ箱を開く
    • ごみ箱内の全てのファイルを削除
    • ごみ箱内のファイルを、条件に合わせて削除(後述)

    設定

  1. タスクトレイのアイコンを右クリックし [ 設定 ] を選択します。
  2. 「ごみ箱+」の設定画面が表示されます。この画面からは主に以下のような設定を行うことができます。
    • 削除時に確認メッセージを表示する
    • ごみ箱内の容量によってアイコンを変える
    • アイコンを左クリックしたときの動作※2
    • アイコンを左ダブルクリックしたときの動作※2
    • アイコンを右ダブルクリックしたときの動作※2
    • アイコンをミドルクリックしたときの動作※2
    • 起動直後の動作
    • スタートアップへの登録・解除
    • ※2 何もしない / ごみ箱を開く / 設定画面を開く / ごみ箱内のファイルを全削除 / 指定した条件に合うごみ箱内ファイルを削除(後述) のうちから、それぞれ実行する動作を指定することが可能。
  3. 設定画面左下の「情報表示設定」ボタンをクリックすると情報ウィンドウ設定画面が開き、タスクトレイアイコンにマウスオーバーした際に表示されるポップアップの書式やフォント等をカスタマイズすることができます。
  4. 設定画面左下の「条件設定」ボタンをクリックすると条件設定画面が表示されるので、条件1~5に対する以下の項目をそれぞれ設定しておきます。
    • 条件の名前
    • 該当するドライブ
    • ファイルの削除日(ごみ箱に入れた日時)
    • ファイルサイズ
    条件を設定し終えたら「設定保存」ボタンをクリック。

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
備考
チェック 本ソフトの使用には「.NET Framework 4」のインストールが別途必要になります。