クリップボード とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
クリップボードはコピー・アンド・ペーストやカット・アンド・ペーストといわれるデータの移動に使用される一時保存のメモリ領域です。
一時保存されたデータはメール、ワードやエクセルで貼り付けなど、クリップボードに対応しているアプリケーション間でデータの共有が可能です。
一時保存ですから、次のコピーを行うと前にコピーしたデータは上書きされ消えてしまいます。

操作内容
コピー(複写):選択されたデータをクリップボードへ複写する。元のデータには影響をしない
カット(切り取り):選択されたデータをクリップボードへ移動する。元のデータは消える
ペースト(貼り付け):クリップボードからプログラムにデータを複写。



メニュー操作
コピー(複写):選択されたデータを右クリックしてコピーを選択
カット(切り取り):選択されたデータを右クリックして切り取りを選択
ペースト(貼り付け):貼り付ける場所にカーソルを当て、右クリックして貼り付けを選択


キー操作
コピー(複写):CTRL+CまたはCTRL+INS
カット(切り取り):CTRL+XまたはShift+DEL
ペースト(貼り付け):CTRL+VまたはShift+INS

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加