広告

WipeDisk

更新日:
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードディスク・USBメモリ内の全データを完全消去するソフト「WipeDisk」

WipeDiskのスクリーンショット
スクリーンショットを拡大

制作者 : Werner Rumpeltesz
対応OS : Windows 2000/XP/Vista/7/8

rating: おすすめ度

ダウンロード
WipeDisk
指定したハードディスク・USBドライブ内に書き込まれている全てのデータを一切復元できないように完全消去するソフト。インストール不要。データの上書き方法は、高速処理が可能な1回上書きから超強力なグートマン方式まで14種類もの異なる方式から選択が可能、データ消去の対象となるドライブは、物理ドライブ / 論理ドライブごとに指定が可能となっています。

「WipeDisk」は、ハードディスク内に書き込まれた全てのデータを、ファイル復元ソフト等を使用しても復元できないよう、ドライブ全体に無意味なデータを上書きして完全削除するソフトです。簡素なインターフェースでありながら、有料ソフトと同等ないしそれ以上の強力な機能を備えているのが特長。(現在保存されているファイルは残してディスク内の未使用領域だけを上書きする、といったことはできません)。

ハードディスクやUSBメモリに一度書き込まれたファイルは、ゴミ箱に移動して削除したつもりでも、実際にはOSの管理領域から除外されただけで、データの書き込み跡自体は残ってしまうため、ハードディスクを破棄したり、他人に譲渡したりする場合は、本ソフトを使って内部のデータを完全に消去しておきましょう。

スポンサーリンク


<WipeDiskの使い方>

  1. 「WipeDisk.exe」を実行して「WipeDisk」を起動します。
  2. 初期設定ではメニューが英語表示になっているので、上部メニューバーの [ Extras ] から [ Sprache/Language ] – [ Japanese ] を選択し日本語化します。
  3. 画面右上の「ドライブ選択」ボタンをクリック(または、上部メニューバーの [ ファイル ] から [ ドライブ選択 ] を選択)して、データを消去したいドライブを選択し「OK」をクリックします。
  4. 「消去メソッド」の欄からデータの消去レベルを選択します。選択できる方式は以下の14種類で、下に行くほど(上書き回数が多くなるほど)強度レベルが高くなり確実性が上がりますが、処理に時間がかかります。
    • WipeDisk – 低秘匿 (1x)
      データを1回上書き (特殊な文字列で一回上書き)
    • ゼロ上書き (1x)
      データを1回上書き (0×00(ゼロ)を一回上書き)
    • ランダム (1x)
      データを1回上書き (ランダムデータを一回上書き)
    • ランダム のち ゼロ (2x)
      データを2回上書き (ランダムデータを一回上書き → 0×00 で一回上書き)
    • ゼロ のち ランダム (x2)
      データを2回上書き (0×00 を一回上書き → ランダムデータで一回上書き)
    • WipeDisk – 通常秘匿 (2x)
      データを2回上書き (0×00 を一回上書き → 特殊な文字列で一回上書き)
    • MS cipher (3x)
      データを3回上書き (Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」による上書き)
    • USN-MFM (3x)
      データを3回上書き (米国海軍方式 NAVSO P-5239-26-MFM
    • USN-RLL (3x)
      データを3回上書き (米国海軍方式 NAVSO P-5239-26-RLL
    • DoD / USAF (3x)
      データを3回上書き (米国国防総省準拠方式米国空軍方式
    • ビット切替 (4x)
      データを4回上書き (0×00 と 0xff を2回ずつ上書き)
    • WipeDisk – 高秘匿 (4x)
      データを4回上書き (0×00 / 0×80 / 0xff を一回上書き → 特殊な文字列で一回上書き)
    • NATO Standard (7x)
      データを7回上書き (北大西洋条約機構(NATO)標準方式
    • Peter Gutmann (35x)
      データを35回上書き (グートマン方式
  5. 「データ消去」ボタンをクリック(または、上部メニューバーの [ ファイル ] から [ データ消去 ] を選択)すると、消去処理の実行確認ダイアログが表示されます。
  6. ダイアログに「消去処理の実行を確認するため、次の文字を入力してください」というメッセージが表示されるので、入力欄の上にランダムに表示される4文字を正しく入力してください。
    • 正しく文字を入力すると「OK」がクリック可能状態になります。
  7. 「OK」をクリックするとドライブのデータ完全消去が開始されます。
    • データ消去の処理中は「進行ゲージ」欄のプログレスバーから、処理の進行具合を確認できます。
  8. データ消去が完了したら「終了」ボタンをクリックして「WipeDisk」のウィンドウを閉じてください。

なお、本ソフトと同じ作者による姉妹ソフトとして、ドライブ単位ではなくファイル・フォルダ単位でデータを完全削除することができる「WipeFile」もあります。

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加