有料ソフト並みの確実性の超強力なファイル完全削除ソフト

TweakNow SecureDelete

海外製ソフト日本語対応
TweakNow SecureDeleteのスクリーンショット
スクリーンショット一覧を見る
制作者:TweakNow
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
日本語化パッチ:TiltStr::不定期版

rating: おすすめ度

ダウンロード
超強力な上書き方式を備えたファイル完全削除ソフト。他人に復元されたくないファイルを、フォルダごと完全削除が可能。グートマン方式(35回上書き)やDoD 5220.22-M(3回上書き)、DoD 5220.22-M(7回上書き)といった有料ソフト並みの超強力な上書きアルゴリズムを搭載しており、絶対に復元できないようファイルを完全消去することができます。シンプルで直感的にわかりやすい操作画面も特長です。
TweakNow SecureDelete について
「TweakNow SecureDelete」は、有料ソフト並みの超強力な上書きアルゴリズムを搭載したファイル完全削除ソフト。対応する上書き方式はグートマン方式(35回上書き)やDoD 5220.22-M(3回上書き)、DoD 5220.22-M(7回上書き)といった確実性が保証されている上書きアルゴリズムのほか、最大100回までの任意の回数を指定してランダムなデータを上書きすることも可能となっており、本ソフトを使えば確実にファイルを抹消することができます。

1ファイル単位で個別に完全削除するほか、フォルダごと複数ファイルを一度に完全削除することも可能。シンプルで使いやすい操作画面も特長です。おまけ機能として、ごみ箱を空にする機能や、Windowsのシャットダウン時にページファイルをクリアする機能も備えています。海外製ソフトですが、日本語化パッチを適用することで日本語表示が可能です。

使い方

日本語化

  1. 日本語化パッチの作者サイトから、本ソフト「TweakNow SecureDelete」の日本語化パッチをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍し、日本語化パッチファイル本体を本ソフト「TweakNow SecureDelete」のインストールフォルダ(実行ファイル「SecureDelete.exe」があるのと同じフォルダ)内に入れます。
  3. 日本語化パッチファイルをダブルクリックして実行します。
  4. 日本語化が行われます。
  5. 「正常終了」というダイアログボックスが表示されたら日本語化完了です。

使い方

  1. 本ソフト「TweakNow SecureDelete」を起動します。
  2. 「TweakNow SecureDelete」のメイン画面が表示されます。
  3. 「ファイル追加」ボタンまたは「フォルダ追加」ボタンをクリックして、完全削除したいファイルまたはフォルダを追加します。
    • ドラッグ&ドロップでの追加には非対応。
  4. 「設定」ボタンをクリックします。
  5. 上書き方式選択のオプション画面が表示されます。
  6. 以下のうちからファイルの上書き方式を選択します。回数が多いほど完全削除の確実性はあがりますが、処理に時間がかかります。
    • Gutmann 方式(35回上書き)
      最も強力な上書き方式で、理論上どうやっても復元は不可能になります。
    • DOD 5220.22M 方式(7回上書き)
      非常に強力な上書き方式で、高性能な解析機器を使っても復元は不可能。
    • DOD 5220.22M 方式(3回上書き)
      一般的なファイル完全削除の上書き方式で、通常はこちらで十分です。
    • ランダムで使用
      上書きする回数を1~100回で設定します(初期値は3回)
  7. 上書き方式を選択したら「OK」をクリックしてオプション画面を閉じます。
  8. 「削除」ボタンをクリックするとファイルの完全削除が実行されます。
  9. 完全削除の実行画面に切り替わります。ファイルサイズや上書き回数によっては少し時間がかかります。
  10. ステータスが全て「Completed」になったら全てのファイルの完全削除が完了です。
  • その他、おまけ機能として、ごみ箱を空にする機能や、Windowsのシャットダウン時にページファイルをクリアする機能も備えています。

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトウェア情報
提供元 - TweakNow
対応OS - Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン - 1.0.0 (beta 3)(2018/04/15)
記事の更新日 -