Chromeの新規タブページを空白にする拡張機能

Empty New Tab Page

Chrome拡張
Empty New Tab Pageのスクリーンショット
スクリーンショットを拡大
制作者:thakis@chromium.org
対応ブラウザ:Chrome

rating: おすすめ度

ダウンロード
新しく開いたタブを空白ページにするChrome拡張機能。インストールすると起動時や新規タブを開いた時に何も表示されなくなります。検索や履歴サムネイルをあまり使わない場合は、本拡張機能をインストールしておくだけで、何も表示する必要がない分だけ動作も速くなるメリットもあります。
Empty New Tab Page について
「Empty New Tab Page」は、新しいタブを開いたときに空白ページを表示するようにしてくれるGoogle Chrome拡張機能です。通常はChromeで新しいタブを開いた際、Google検索と頻繁に訪れるページがサムネイル表示されるようになっていますが、本拡張機能をインストールすると何も表示されなくなります。

デフォルトの新規タブページに表示される検索窓やサムネイルも、これはこれで便利ですが、一方でかえって邪魔に感じたり、新規タブはクリーンな状態で表示してくれる方が好みという人も少なくないかもしれません。そんなときは本拡張機能をインストールしておくと良いでしょう。

新規タブが完全な空白ページになってしまい若干味気ないですが、新しいタブ追加時の動作が通常よりも速くなりメモリ消費も少なくて済むので、検索はアドレスバーで十分、履歴サムネイルも使っていないという人は、インストールしておくだけでChromeの動作が軽快になっておすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトウェア情報
提供元 - thakis@chromium.org
バージョン - 1.1.1(2018/06/17)
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容