Windows Updateが勝手に実行されるのを防ぐソフト

Kill-Update

インストール不要
Kill-Updateのスクリーンショット 制作者:dlebansais
対応OS:Windows 10

rating: おすすめ度

ダウンロード
Windows Updateを無効化した上で、無効化が勝手に解除されないように監視してくれるソフト。無効化しても勝手に再有効化されてしまうWindows Updateを10秒ごとに監視して、有効化されたのを検出すると自動的に無効化してくれます。大事な作業をしているときだけパソコンを再起動したくないので、Windows Update を一時的に無効化したい…なんてときに便利なソフトです。
Kill-Update について
「Kill-Update」は、Windows Update の勝手な実行を防止するためのシンプルなソフトです。Windows Updateはいったん無効化しても勝手に再有効化されてしまうことがありますが、本ソフトを起動しておくとWindows Updateを無効化した上で、勝手に再有効されたのを検出すると自動で無効化するよう10秒おきに監視し続けます。

知らない間にWindows Updateが勝手に実行されるのを防ぎたいときや、大事な作業をしていてパソコンを再起動させたくないときは、本ソフトを使ってみてはいかがでしょうか。監視の ON / OFF はタスクトレイアイコンからいつでも変更することができるので、Windows Updateを手軽にコントロールできるようになります。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフト「Kill-Update」を起動します。
    • アイコンを右クリックしてメニューを開き [ 管理者として実行 ] から起動してください。
  2. タスクトレイに「Kill-Update」のアイコンが表示されます。
  3. タスクトレイを右クリックしてメニューを開き [ Locked ] を選択します。
  4. [ Locked ] にチェックが入り、Windows Update が停止&無効化され、以降10秒おきに Windows Update の監視が行われるようになります(Windows Update 無効化が勝手に解除されたとき、自動で無効化してくれる仕組み)。
    • [ Load at starup ] にもチェックを入れると、「Kill-Update」がスタートアップに登録され、Windows起動時に自動で起動するようになります。
  5. Windows Update の監視を止めるときは、タスクトレイアイコンを右クリックして [ Locked ] のチェックを外します。

Windows Update を有効化する

監視を停止するだけでは Windows Update が有効化されないので、もし Windows Update 再開が必要になったら下記のような手順を行ってください。
  1. Windows + R キーを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「ファイル名を指定して実行」の画面が開いたら、「services.msc」と入力して「OK」をクリック。
  3. サービスの管理画面が表示されるので、「Windows Update」を選択し右クリックして [ 開始 ] をクリックします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトウェア情報
提供元 - dlebansais
対応OS - Windows 10
バージョン - 1.0.36(2018/08/08)
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容