ホットキーでモニターの電源をオフにできるソフト

PushMonitOff

海外製ソフトインストール不要
PushMonitOffのスクリーンショット
スクリーンショット一覧を見る
制作者:skrommel
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

rating: おすすめ度

ダウンロード
モニターの電源を、ホットキーでオフにすることができるソフト。あらかじめ設定しておいたホットキーを押すことで、ディスプレイの電源をすぐに切ることができます。電源オフ状態になったディスプレイは、マウスかキーボードの操作を行うだけで電源オンにすることができます。ホットキーはある程度カスタマイズが可能です。
PushMonitOff について
「PushMonitOff」は、パソコンのモニターの電源をホットキーで切ることができるようにするソフトです。あらかじめ指定したホットキー(初期設定では「Shift」+「F1」キー)を押すことで、好きなタイミングでいつでもディスプレイの電源を即切ることができます。

復帰したいときは、マウスかキーボードの操作を行うだけで、すぐにディスプレイの電源がオンになります。ホットキーはある程度自由にカスタマイズが可能ですが、変更したい場合の設定方法はコマンドラインを編集する必要があり、初心者にはやや分かりづらいので、下記の使い方を参考にしてください。

基本的な使い方

  1. 本ソフト「PushMonitOff」を起動します。
  2. タスクトレイに「PushMonitOff」のアイコン PushMonitOff が表示されます。
  3. ホットキー(初期設定では Shift + F1 キー)を押すとモニターの電源がオフになります。
  4. モニターの電源を入れたい場合は、マウスまたはキーボードの操作を行ってください。
  5. 本ソフトを終了したい場合は、タスクトレイアイコンを右クリックしてメニューを開き [ Exit ] を選択してください。

ホットキーの設定

初期設定ではホットキーは Shift + F1 キーになっているので、ホットキーを変更したい場合は以下のように設定画面を編集してください。
  1. タスクトレイアイコンを右クリックしてメニューを開き [ Settings ] を選択します。
  2. 「PushMonitOff」の設定画面が表示されます。
  3. 設定画面はコマンドラインになっているので、
    • button=F1
    • modifier=Shift
    の部分を編集します。「button=」欄には通常のキーを、「modifier=」欄には修飾キーを設定します。( 修飾キー = Shift Ctrl Alt キー)
    • 先頭にセミコロン(;)の付いていない行を編集します。
    ホットキー編集の例
    • Shift + End を指定したい場合
      button=End
      modifier=Shift
    • Alt + . を指定したい場合
      button=.
      modifier=Alt
  4. ホットキーの内容を編集したら「OK」ボタンを押して設定画面を閉じます。
  5. タスクトレイアイコンを右クリックしてメニューを開き [ Exit ] を選択して一度「PushMonitOff」を終了し、再起動すると編集内容が有効になっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトウェア情報
提供元 - skrommel
対応OS - Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン - 1.0(2018/06/04)
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容