WindowsのBIOSに埋め込まれているOEMプロダクトキーを確認できるソフト

Windows OEM Product Key Tool

海外製ソフトインストール不要
Windows OEM Product Key Toolのスクリーンショット
スクリーンショット一覧を見る
制作者:NeoSmart Technologies
対応OS:Windows 7/8/8.1/10

rating: おすすめ度

ダウンロード
BIOS内に埋め込まれているWindowsのOEMプロダクトキーを表示するソフト。新しい Windows 8/8.1/10 のPCでは、従来はパソコンの筐体に貼ってあったプロダクトキーの認証ステッカーが貼られておらず、BIOSに埋め込まれるようになっていますが、本ソフトは起動するだけでこのOEMプロダクトキーをすぐに表示してくれるツールです。
Windows OEM Product Key Tool について
「Windows OEM Product Key Tool」は、WindowsのBIOSに埋め込まれているOEMプロダクトキーを表示してくれるソフトです。いわゆるメーカー品のパソコン(通常、OEM版のWindowsがプリインストールされている)のWindowsのプロダクトキーを確認するためのツールで、起動するとすぐにOEMプロダクトキーを表示します。

以前はメーカー品のWindowsパソコンを購入すると、ノートPCの底面やデスクトップPCの側面にプロダクトキーを記載したホログラムの認証シール「Certificate of Authenticity(COA)」が貼られていましたが、Windows 8以降ではシールは貼られておらず、代わりにBIOSに埋め込まれるようになりました。

そのため、PCにプリインストールされていたWindowsと同じバージョンのOSを再びインストールする場合、自分でプロダクトキーを入力しなくても自動的にアクティベーションされるようになっていますが、何らかの理由でプロダクトキーを確認したいときがあるかもしれません。そんなときに役立つのが本ソフトです。

使い方

  1. 本ソフト「Windows OEM Product Key Tool」を起動します。
  2. メイン画面にWindowsのOEMプロダクトキーが表示されます。
  3. パソコンの底面や側面などにプロダクトキーが記載された認証シールが貼ってある場合や、自作PCなどでパッケージ版Windowsをインストールした場合は、PC内のBIOSにプロダクトキーが埋め込まれていないため、エラーメッセージが表示されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトウェア情報
提供元 - NeoSmart Technologies
対応OS - Windows 7/8/8.1/10
バージョン - 1.1(2018/09/01)
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容