Windows Updateを無効化/有効化できるソフト

Windows Update Blocker

海外製ソフトインストール不要
Windows Update Blockerのスクリーンショット
スクリーンショット一覧を見る
制作者:SORDUM.ORG
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

rating: おすすめ度

ダウンロード
Windows Updateの無効化/有効化の切り替えができるソフト。Windows Updateを一時的に無効化し、勝手にWindowsが再起動されてしまうのを防ぐことができます。作業途中の未保存のデータがあるのにWindowsがアップデートのために再起動されてしまって、データを消失した経験のある人も多いかもしれませんが、大事な作業をしている間は、Windows Updateによる再起動を防ぎたいとき、本ソフトが便利です。
Windows Update Blocker について
「Windows Update Blocker」は、Windows Updateを無効化したり再有効化できるソフトです。本ソフトを使ってWindows Updateを一時停止しておくことで、Windowsが勝手に再起動されてしまうのを防ぐことができます。

Windowsでは、バックグラウンドでアップデートをダウンロードしてシステムの再起動スケジュールを通知してきますが、作業途中に長時間席を外していると、未保存のデータがあるのにWindowsが再起動されてしまってデータが消失してしまった…といった事態に見舞われることがあります。

うっかり大切なデータを失わないためには、大事な作業中だけ本ソフトを使ってWindows Updateを無効化しておくと良いでしょう。他のプロセスによってWindows Updateが有効化されてしまうのを防ぐ機能も付いているので、無効化したはずなのにいつの間にかアップデートが行われていた…というような事態も防ぐことができたりします。

使い方

Windows Updateを無効化する

  1. 本ソフト「Windows Update Blocker」を起動します。
  2. 「Windows Update Blocker」のメイン画面が表示されます。
  3. 「Disable Service(サービスを無効にする)」を選択して「Apply Now(今すぐ適用する)」ボタンをクリックします。
    • 「Protect Service Settings」にチェックを入れておくと、他のプロセスが「Windows Update」を勝手に有効化できなくなります。
  4. 「Service Status」欄のアイコンが赤色になり、Windows Updateが無効化されます。

Windows Updateを有効化する

  1. 「Enable Service(サービスを有効にする)」を選択して「Apply Now(今すぐ適用する)」ボタンをクリックします。
  2. 「Service Status」欄のアイコンが緑色になり、Windows Updateが有効化されます。

メニュー

「Menu」ボタンをクリックするとメニューが表示され、以下の項目を利用できます。
  • Update Options
    Windowsの「Windows Update」が開きます。
  • Windows Services
    Windowsの「サービス」画面が開きます。
  • Refresh
    最新の状態に更新されます。
  • Command Line Info
    コマンドライン利用時のオプション画面が表示されます。
  • Language
    言語を変更できます(日本語には対応していません)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトウェア情報
提供元 - SORDUM.ORG
対応OS - Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン - 1.1(2018/05/20)
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容