指定した秒数後にモニターの電源をオフにするソフト

CoolMonitorOff

インストール不要
CoolMonitorOffのスクリーンショット
スクリーンショット一覧を見る
制作者:くりちゃん
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

rating: おすすめ度

ダウンロード
指定した時間後にモニターの電源をオフにして省電力モードに移行してくれるソフト。タスクトレイに常駐し、アイコンの右クリックまたはホットキーの押下で、あらかじめ設定した秒数後にモニターの電源を切ってくれます。マウス操作またはキーボード操作を行うと、省電力モードから復帰し、再びモニターの電源をオンにしてくれます。
CoolMonitorOff について
「CoolMonitorOff」は、指定した秒数後にモニターの電源を切って省電力モードに移行してくれるソフトです。起動するとタスクトレイにアイコンを格納して常駐し、あらかじめ設定したホットキーを押すかアイコンの右クリックメニューから、指定した秒数後にモニターの電源をオフにし画面を非表示にすることができます。指定できる秒数は1~60秒。

モニターがオフになっている状態でマウスまたはキーボード操作を行うと、すぐにモニターの電源をオンにして省電力モードから復帰することが可能。ちょっとした離席の際に、本ソフトを使ってこまめにモニターの電源を切るようにすれば節電にもなり、またウィンドウ状態はそのままでモニターだけを非表示にできるので、他人に作業中の画面を見られるのを防止できます。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフト「CoolMonitorOff」を起動します。
  2. タスクトレイに「CoolMonitorOff」のアイコンが表示されます。
  3. タスクトレイのアイコンを右クリックするとメニューが表示されます。
  4. メニューから [ Option ] を選択します。
  5. 「CoolMonitorOff」の設定画面が表示されるので、以下の項目を設定してください。
    • 省電力モード移行までの時間
      省電力モード移行までの時間を1~60秒で設定します(初期値は5秒)。
    • 省電力モード移行用のホットキーの設定
      省電力モードへ移行するためのキーボードの任意のホットキーを設定します(必要な場合のみ)。
    • 省電力モード移行時に PC をロックする
      チェックを入れると省電力モードへ移行したときにPCをロックします。
    • 省電力モードからマウス操作で復帰しない
      チェックを入れると省電力モード中にマウス操作を行っても省電力モードを解除しません(Vista以降のOSでは選択できません)。
    • CoolMonitorOff の起動中はモニタの省電力モードの設定を無効にする
      チェックを入れると本ソフトの起動中はWindowsで設定したモニターの省電力モードの設定を無効にします。
  6. 本ソフトの起動中に、設定画面から設定したホットキーを押すか、タスクトレイのアイコンを右クリックしメニューから [ MonitorOff ] を選択すると省電力モードに移行します。

コマンドラインを設定する

省電力モードへの移行にホットキーを設定している場合、タスクトレイアイコンの表示が不要な場合は以下のようにコマンドラインを設定すると便利です。
  1. 本ソフト「CoolMonitorOff」のショートカットアイコンを作成します。
  2. ショートカットアイコンを右クリックし、右クリックメニューの [ プロパティ ] からプロパティ画面を開きます。
  3. 「ショートカット」タブを開き、「リンク先」欄の末尾に「(半角スペース)S」を追加して「OK」ボタンをクリックします。
  4. ショートカットから本ソフトを起動すると、タスクトレイのアイコンを表示せずホットキーを押すだけで省電力モードへの移行が可能になります。
本ソフトからホットキーなどのオプション機能を省き、起動するだけでディスプレイの電源をオフにできるよう簡易化したCoolMonitorOff Liteというソフトもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトウェア情報
提供元 - くりちゃん
対応OS - Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン - 1.6.0.1(2018/05/26)
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容