PDFファイルから画像データだけを抽出し保存できるソフト

CubePDF ImagePicker

広告付き
CubePDF ImagePickerのスクリーンショット
スクリーンショット一覧を見る
制作者:CubeSoft
対応OS:Windows Vista/7/8/8.1/10

rating: おすすめ度

ダウンロード
PDFファイルから中身の画像データだけを抽出して保存できるソフト。画像を取り出したいPDFをドラッグ&ドロップするだけで、素早く画像ファイルのみを抽出しまとめて保存できる便利なツールです。PDF内の画像を別の用途で使いたいときに、キャプチャーなど面倒な作業をする必要なく簡単に保存することができます。
CubePDF ImagePicker について
「CubePDF ImagePicker」は、PDFファイル内に貼り付けてある(内包している)画像データだけを取り出して保存することができるソフトです。1つのPDFファイルに含まれる全ての画像ファイルを一括して保存したり、保存したい画像だけを選択して保存することができます。

操作方法が簡単なところが本ソフトの特徴で、抽出したい画像を含むPDF形式ファイルをドラッグ&ドロップするだけで素早く取り出し&保存ができます。PDF内の画像を別の用途で使いたいとき、本ソフトを使えば元の画像ファイルをネット上から探してきたり、画像を一つずつキャプチャーして保存するような面倒な作業は必要なくなります。

使い方

  1. 本ソフト「CubePDF ImagePicker」を起動します。
  2. デスクトップ画面に「CubePDF ImagePicker」のドラッグ&ドロップ用アイコンが表示されます。
    • このアイコンにマウスオーバーすると右上に「×」ボタンが表示されるので本ソフトを終了したいときはこれをクリックすればOK。またアイコンをドラッグして場所を移動することもできます。
  3. 「CubePDF ImagePicker」のドラッグ&ドロップ用アイコンに、抽出したい画像があるPDFファイルをドラッグ&ドロップします。
  4. 画像データの抽出処理が開始されます。
  5. 画像データの抽出が完了すると「PDF(xxxページ)から○○○個の画像を抽出しました。」というメッセージ画面が表示されます。
    • 「プレビュー」ボタン
      抽出した画像を一覧表示して選択保存できるプレビュー画面を表示します。
    • 「全て保存」ボタン
      抽出した全ての画像を保存します。
  6. 「プレビュー」ボタンをクリックした場合、画像を一覧表示するプレビュー画面が表示されます。
    • 「選択画像の保存」ボタン
      プレビュー画面に一覧表示された中から保存したい画像だけを選択して保存することができます。
    • 「全て保存」ボタン
      プレビュー画面に一覧表示されている全ての画像を保存します。
  • PDFファイルによっては抽出した画像ファイルの色が反転してしまい、うまく抽出できない場合があるようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
備考
本ソフトの使用には「.NET Framework 3.5 以上」のインストールが必要です。
ソフトウェア情報
提供元 - CubeSoft
対応OS - Windows Vista/7/8/8.1/10
バージョン - 1.0.0(2018/06/25)
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容