マイクロソフト製の無料ウイルス・スパイウェア対策ソフト

Microsoft Security Essentials

超有名ソフト
Microsoft Security Essentialsのスクリーンショット
スクリーンショット一覧を見る
制作者:Microsoft
対応OS:Windows Vista/7

rating: おすすめ度

ダウンロード
マイクロソフト社が提供している無料のウイルス・スパイウェア対策ソフト。Windows 8/8.1/10 に標準搭載されているマルウェア対策セキュリティ機能「Windows Defender」に相当する機能を、Windows Vista/7 にインストールするためのソフトです。無料とは言え、ウイルス検出率は他の有名な有料セキュリティソフトに引けをとらない性能となっており、基本的なセキュリティ対策は本ソフトを入れておけば十分と言えます。
Microsoft Security Essentials について
「Maicrosoft security Essentials」は、マイクロソフト製の無料で使えるウイルス対策・スパイウェア対策ソフトです。Windows 8/8.1/10 に標準搭載入れているマルウェア対策機能「Windows Defender」に相当する機能を Windows Vista/7 に組み込むことができるソフトで、操作画面は簡単で分かりやすく、定義ファイルは一日一回自動的に更新され、常に最新の状態が保たれます。

無料ソフトだからと言って、ウイルス検出率等の性能面では他社製の有料セキュリティソフトに劣るというわけではなく、それどころか他の有名セキュリティ対策ソフトと比べても、最も優れたスコアを出しているという調査結果もあり、基本的なウイルス対策・スパイウェア対策には本ソフトをインストールしておけば十分と言っても問題ありません。

Windows 7 以前のOSには、アンチウイルスソフトに相当する機能が標準搭載されていないため、本ソフトを入れるだけでWindowsのセキュリティ性能が大幅に向上します。他にウイルス対策ソフトを使用していない場合は、必ず本ソフトをインストールするようにしましょう。なお、他の常駐型(リアルタイムでマルウェアを監視する)セキュリティ対策ソフトを既にインストールしている場合、併用は避けてどちらかをアンインストールした方が無難です。

使い方

ホームタブ

  1. スキャンのオプションを選択。
    • クイック
      ウイルスに最も感染の可能性が高い領域のファイルをチェック
    • フル
      ハードディスクの全てのファイルと実行中のファイルをチェック
    • カスタム
      選択した場所のドライブまたはファイルをチェック
  2. 「今すぐスキャン」のボタンをクリックすると、現在の「スキャンのオプション」設定でスキャン開始します。

更新タブ

  1. 「ウイルスおよびスパイウェアの定義」は、自動的に更新されますが「最新」と表示されている事を確認してください。
  2. 「定義の更新更新」ボタンをクリックすると、最新の定義ファイルをダウンロードします。

履歴タブ

検出結果が表示されます。
  1. 検疫されている項目
    検出されPCで実行しないようになったが、未削除の項目を表示します。
  2. 許可されている項目
    検出されたが、PCで実行許可された項目を表示します。
  3. 検出されたすべての項目
    PC上で検出された項目を表示します。

設定タブ

スケジュールされたスキャン
スキャンのスケジュール設定をおこないます。
  • スケジュールされたスキャンを PC で実行する(推奨)
    チェックを入れると下記の項目を利用可能になります。
    • スキャンの種類
      • クイックスキャン
      • フルスキャン
    • タイミング
      毎日または日曜日から土曜日までの曜日を指定
    • おおよそのタイミング
      24時間の中から1時間単位でスキャンを起動する時間を指定
    • スケジュールされたスキャンを実行する前に、最新のウイルスおよびスパイウェアの定義があるかどうか確認する
    • PC の電源がオンで、かつ PC を使用していない場合のみスケジュールされたスキャンを開始する
    • スキャン中の CPU 使用量の制限値
      スキャンを実行中の CPU 使用量を、右のプルダウンリストから10~100%の10段階で設定できます。
規定の操作
security Essentialsがウイルスまたはスパイウェアを検出した場合に適用する処置を指定します。
    • 警告レベル(重大)
      削除または検疫から選択
    • 警告レベル(高)
      削除または検疫を選択
    • 警告レベル(中)
      削除、検疫また、許可を選択
    • 警告レベル(低)
      削除、検疫また、許可を選択
リアルタイム保護
  • リアルタイム保護を有効にする(推奨)
    • チェックを入れると、ウイルスソフトやスパイウェアなどのソフトウェアがインストールや実行を試みたときに、警告をおこないます。
除外されたファイルと場所
指定した場所またはファイルをスキャンの対象から除外指定することができます。
  1. 参照ボタンで除外するフォルダまたはファイルを指定します。
  2. 追加ボタンをクリックします。
  3. 削除は、除外指定をクリックして削除ボタンをクリックします。
除外されたファイルの種類
特定のファイルの拡張子を指定すると、指定された種類の拡張子を持つファイルをスキャンの対象から除外指定することができます。
  1. 除外したい拡張子のファイル尾を指定します。
  2. 複数の拡張子を除外する場合は、(ini;mdb)の様にセミコロンで区切りをします。
  3. 追加ボタンをクリックします。
  4. 削除は、除外指定をクリックして削除ボタンをクリックします。
除外されたプロセス
特定のプロセスを指定すると、そのプロセルで読み書きされるファイルをスキャンの対象から除外指定することができます。
  1. 複数のプロセスを除外する場合は(exe;com)の様にセミコロンで区切りをします。
  2. 追加ボタンをクリックします。
  3. 削除は、除外指定をクリックして削除ボタンをクリックします。
詳細設定
  1. アーカイブやファイルをスキャンする
    ZIP、CABなどのアーカイブファイル(圧縮ファイル)をスキャン対象にします。
  2. リムーバルドライブのスキャン
    フルスキャン実行時にリムーバルドライブを含めます。
  3. システムの復元ポイントの作成
    検出された項目を削除、実行または検疫前に、システムの復元ポイントを作成します。
  4. すべての履歴結果の表示をすべてのユーザに許可する
    パソコンを共有で使用する場合に、他のユーザが履歴を見る事ができます。
  5. 次の期間の経過後に検疫済みファイルを削除する
    検疫済みファイルを削除する周期を以下の単位で指定します。
    • 1日、2日、3日、4日、1週間、2週間、1ヶ月、1ヶ月
  6. 詳細な分析が必要な場合はファイルサンプルを自動的に送信する
    検出された項目調査の為に、Microsoftへサンプルを自動送信します。
MAPS
  1. スキャンで検出された望ましくないマルウェア、ソフトウェアについて情報をMicrosoftへ自動的に送信します。
    • MAPSに参加しない
      未知のソフトウェアが実行されても警告を表示せず、情報の送信を行いません。
    • 基本メンバーシップ
      スキャンで検出された望ましくないマルウェア、ソフトウェアについてMicrosoftへ送信します。
    • 上級メンバーシップ
      上記の基本メンバーシップの情報に加え、ソフトウェアの動作、パソコンが受ける影響をMicrosoftへ送信します。
  • 変更した項目をキャンセルする場合は、「キャンセル」ボタンをクリックします。
  • 変更した項目がある場合は、「変更の保存」ボタンが有効となるのでクリックして設定変更を保存します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトウェア情報
提供元 - Microsoft
対応OS - Windows Vista/7
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容