テキストを暗号化するためのシンプルなソフト

Text Locker

海外製ソフト
Text Lockerのスクリーンショット
スクリーンショット一覧を見る
制作者:BINProjects
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

rating: おすすめ度

ダウンロード
テキストを暗号化できるシンプルなソフト。任意の文字列をランダムな記号の羅列からなる暗号コードに変換したり、復号化して元に戻すことができます。複数行にまたがるテキストや、テキストファイルを読み込んで内容を暗号化することも可能。日本語などのマルチバイト文字には非対応。
Text Locker について
「Text Locker」は、シンプルなテキスト暗号化ソフトです。暗号化したい任意の文字列を入力してパスワードを設定するだけで、文字列をでたらめな記号の羅列にしか見えない暗号コードへ変換することができます。パスワード等の大事な文字列を保護するのに便利。

入力フォームと実行ボタンだけのシンプルな操作画面ですが、複数行にまたがるテキストの暗号化にも対応しており、テキストファイルから内容を読み込んで暗号化するといったことも可能。ただし、日本語などのマルチバイト文字を暗号化すると、復号化できないため元に戻せないので注意が必要。

暗号化にあたっては毎回ランダムな鍵を使って行われるため、同じテキストを暗号化した場合でも、毎回異なる暗号コードが生成されます。もちろん、いずれの場合も復号化すると同じテキストが復元されます。

使い方

テキストを暗号化する

  1. 本ソフト「Text Locker」を起動します。
  2. 「Text Locker」のメイン画面が表示されます。
  3. 「Message」欄に、暗号化したいテキストを入力※1します。
    • メニューバーの [ Customize ] – [ Expand Text Box ] を選択すると、複数行のテキストを入力できるようになります。
    • ※1 メニューバーの [ File ] – [ Open ] から暗号化したい.TXTファイルを読み込むこともできます。
  4. 「Pass Code」欄に、任意のパスワードを入力します。
  5. 「Cipher」ボタンをクリックすると、フォームに入力したテキストが暗号化されます。
  6. あとは暗号化されたテキストをコピーするか、メニューバーの [ File ] – [ Save ] から.TXTファイルに保存してください。

テキストを復号化する

  1. 「Message」欄に、復号化したいテキストを入力※2します。
    • ※2 メニューバーの [ File ] – [ Open ] から復号化したい.TXTファイルを読み込むこともできます。
  2. 「Pass Code」欄に、暗号化した際に設定したパスワードを入力します。
  3. 「Decipher」ボタンをクリックすると、フォーム上のテキストが復号化されます。
  4. あとは復号化されたテキストをコピーするか、メニューバーの [ File ] – [ Save ] から.TXTファイルに保存してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
備考
本ソフトの使用には「.NET Framework 2.0」のインストールが必要です。
ソフトウェア情報
提供元 - BINProjects
対応OS - Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン - 8.08(2018/09/01)
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容