オーバークロックや電圧変更もできるCPU情報取得ソフト「CrystalCPUID」

システム関連ソフト 約1分で読めます 更新日:2019/11/30
オーバークロックや電圧変更もできるCPU情報取得ソフト「CrystalCPUID」
名前 CrystalCPUID
製作者 ひよひよ
ダウンロード こちら
記事公開日 2008年09月10日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

CPUを簡単に管理することができるソフトです。オーバークロックにも対応していますので、簡単にクロック数を変更したい場合等にお使いください。ただし、負担が大きくなるということは、寿命が縮むということです。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。
※オーバークロック等につきましては、自己責任の上でお試しください。

CrystalCPUIDの使い方

使い方といいましても、今回はオーバークロックのみの紹介とさせていただきます。オーバークロックを行うことでCPUは壊れることがあります。壊れないとしても、確実にCPUの寿命は縮まりますので、ご注意ください。

起動したら、まずは下準備として日本語に設定しましょう。「Language⇒Japanese」で日本語化することができます。



では、早速オーバークロックを行いましょう。「拡張機能⇒Multiplier Management」をクリックしましょう。そうすると、ウィンドウの左上にパーセンテージが表示されます。

続いて「ファイル⇒Multiplier Managementの設定」をクリックして設定ウィンドウを開いてください。「Multplire(FID)」という項目が現在のクロック数の倍率設定です。これを上げれば、クロック数が上がるわけです。

BIOS設定からCPUのクロック数を変更するよりも格段に楽なので、ぜひ利用してみてください。お金をかけずにCPUの性能を上げることができます。・・・プラス面だけではなく、それに見合うリスクもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ