無効なレジストリやテンポラリファイル等を掃除するソフト「EasyCleaner」

システム関連ソフト 約2分で読めます 更新日:2019/11/30
無効なレジストリやテンポラリファイル等を掃除するソフト「EasyCleaner」
名前 EasyCleaner
製作者 ToniArts
ダウンロード こちら
記事公開日 2009年04月05日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

このソフトは名前の通り、PCの不要なレジストリやその他の不要なファイル等を検出して、簡単に削除することが出来るソフトです。不要レジストリ等を削除しても、体感速度が劇的に変化するわけではありませんが、精神的にホッとしますよね。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

EasyCleaner の使い方

最初に起動すると、次のような言語ファイルの選択画面が出てきます。日本語を選択しますので、「Japanese」を選択してください。選ぶ画面の文字化けは2バイトの文字がディレクトリ名に含まれている場合ですので、お気になさらずにどうぞ。



まずは、「オプション」からソフト自体の設定を行ってください。といいましても、デフォルトで充分な設定だと勝手に判断いたしました。むしろ、むやみにいじらない方が良いかもしれません。



色々とボタンが並んでいますが、オンマウス時に右側にその項目の簡単な説明が出てきます。少し英語を直訳したような文面も見られますが、問題はないでしょう。その部分の説明を見ながら、項目を選択していきます。





まずは、このソフトの最大の強み(?)である「レジストリ」項目を選択しましょう。簡単に不要なレジストリの削除が出来ます。動作が非常に素早い上に、アンドゥ機能(元に戻す機能)もついていますので、万が一のことがあっても安心です。「検索」をクリックして、不要なレジストリを検索します。



しばらくすると、検索が終了します。検索が終了したら、続いて「全て削除」をクリックします。最初、クリックするのに少々とまどいがあったのですが、思いっきり押してしまいましょう。もちろん、自己責任の上でお願いいたします。



最終確認画面です。レジストリに何かがあって、システムに重大な損傷が起きた場合、私は責任を取りかねます。といいましても、トラブルが起こる確率は低いのですけどね。



続いては「追加/削除」項目です。いわゆる、「インストール/アンインストール」ですね。この項目から、インストールしてあるプログラムのアンインストール等が行えます。アンインストールしたいプログラムを選択して「アンインストール」をクリックします。



続いて記させていただく「ディスク使用状況」は、視覚的にディスクの使用量を確認することが出来る機能です。まずは、左側からディスクの使用量を確認したいディレクトリを選択してください。



「検索」をクリックすると、このように円グラフが出てきます。そのディレクトリ内部の、どのディレクトリがどれほどディスクを利用しているのかが視覚的にわかります。ドキュメントフォルダが60%も利用しているなんて、考えられませんね・・・。



続いては「スタートアップ」項目です。項目を起動したら、上のスタートアップに登録されているプログラム一覧から、スタートアップから外したいプログラムを選びます。



その後、「削除」をクリックしてください。削除を行ったプログラム自体が消えるのではなく、スタートアップ項目から削除されるだけですので、安心して削除を行ってください。



今回は一部の機能のご紹介だけになってしまいましたが、それ以外の項目でも非常に簡単に整理を行うことが出来ます。他のシステム系等のソフトウェアと併用すれば、余計なファイルを残さない完璧な状態を維持できるかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ