会社や学校のネットワークの規制を外す方法

パソコンの基本技・小技・裏技 約1分で読めます 最終更新日:2019/11/06
会社や学校のネットワークの規制を外す方法
名前 -
製作者 -
ダウンロード -
記事公開日 2008年02月28日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。詳しくはこちら

これは、言うまでもないですが、個人の責任の上で行ってください。何か問題が生じても、当方では一切責任を取りません。そして、これは全ての会社・学校等でできるわけではありません。この方法でインターネット接続が可能となるのは、セキュリティレベルが低いネットワークです。その点も含めて、詳細は続きで。

※全てを個人の責任の上で行ってください。問題が生じても、当方では一切責任を取りませんので、ご了承ください。

組織の管理の性質とは?

※私の知識が浅い上に、勘違い等をしていますので、ほとんどの内容はご指摘いただいた方からの受け売りです。

会社・学校等のパソコンは、台数がたくさんあります。簡単な例を出すとファイルの共有等を行うために、ネットワークの構築を行うわけです。しかし「ボスが来た」のようなソフトがあるとおり、会社等でサボりを行う人もいないとは言いきれません。

そこで、アクセス管理等を行うために、プロキシを使用するみたいです。コメントでのご指摘のお言葉をお借りすると「セキュリティ面(アクセス管理、ログ収集、ワーム対策など)に利用」ということになります。

そのセキュリティ面対策ということで、プロキシというものを用いています。このプロキシは、セキュリティ管理のためであり、グローバルIPアドレスとは別物です。

グローバルIPアドレスというのは、調べてみたら「グローバルIPアドレスは全世界共通の番号」らしいです。しかし、その数が限られているが故に、プライベートIPアドレスというものが、会社・学校等のネットワーク構築の際に活躍するみたいです。

規制を外す

セキュリティが低いネットワークならば、そのプロキシを使わないで直接インターネットに接続するように設定すると、規制を解除できます。ただ、先ほどご紹介したページの「 なぜプライベートIPを利用して外部との接続が困難であるかの図解」の画像を文章化してみます。

「ルーター(グローバルIPアドレス)を通して接続しているパソコン1があるとする。しかし、プライベートIPアドレスをなくしてしまうと、インターネットからはパソコン1がルータと同じグローバルIPアドレスに見えてしまう。」

このようなことがあるので、先ほど私が言った「プロキシを使わずに直接インターネット接続」というのは「セキュリティレベルが非常に低いネットワーク(もはや今現在は皆無な存在でしょう)のみ」にしか通用しないのです。

一応、その知っていても規制を実際に解除することが不可能であろうとされる方法を記しておきます。

IEを起動して、ツール






↓チェックを外す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ