ショートカットキーでソフトを起動する方法

パソコンの基本技・小技・裏技 約1分で読めます 最終更新日:2019/11/06
ショートカットキーでソフトを起動する方法
名前 -
製作者 -
ダウンロード -
記事公開日 2008年03月09日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。詳しくはこちら

このカテゴリには、基本技があふれており、何が裏技なのかわからなくなってますが、華麗にスルーしてください。今回は、特定のキーボードを同時に押すことによって、特定のソフトを一発で起動することができるように設定します。わざわざスタートボタンを押さないですみますので、案外重宝します。では詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。
※今回の操作は「Windows Vista」で行っております。あらかじめご了承ください。

1. ソフトのプロパティを表示する

スタートメニューからショートカットキーで起動をしたいソフトを選んでください。そのソフトを「右クリック⇒プロパティ」でそのプログラムのプロパティウィンドウを表示させて下さい。



2. ショートカットキーを割り当てる

次は、ショートカットキーを割り当ててください。「ショートカットキー」という項目の右のテキストを入れるところにカーソルをあわせて、実際にキーボードを入力してください。ここではワードパッドということで「Ctrl+Alt+W」ということにしました。

↓実際に押してみる

補足説明
ショートカットキーに割り当てることができるキーボードは「Ctrl,Alt,A~Z,ファンクションキー」です。ファンクションキーとはキーボードの上にある「F1~F12」です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ