タグ入力型ホームページ作成ソフト「TTT Editor」

ソフトウェア全般 約1分で読めます 最終更新日:2019/11/06
タグ入力型ホームページ作成ソフト「TTT Editor」
名前 TTT Eitor
製作者 taka36
ダウンロード こちら
記事公開日 2008年02月25日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。詳しくはこちら

ホームページの作成は、たいていメモ帳を使うことが多い私ですが、このソフトに出会って、本当によかったと思います。わざわざ手書きでHTMLタグを打ってるのは、しんどいです・・・。

ブログでは手書き派ですけど、ホームページと言えば、リンク数がはんぱではありません。その他にも、様々なタグを使います。そんなときに、ボタン一つでタグが入力できれば、手間を節約することができます。詳しい説明は続きで。

※既にダウンロードをしていて、インストールをした状態を仮定しています。もし、分からないことがございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

1. ページの基本的なタグを入れる

まずは「タグ挿入⇒ページ⇒HTML基本構造」として、HTMLの基本的なタグを入れてください。その際に、ページの背景や、リンク等を入れてもいいですが、それらはCSSで設定できますので、今回は飛ばします。

そのまま「OK」を押せば、基本的なタグが挿入されます。

2. リンクを入れる

最も基本的な操作と勝手に私が思っているリンク設定をしてみたいと思います。「リンク・画像⇒一番左のアイコン⇒リンクの設定」でリンクタグを挿入できます。





3. 画像を挿入する

これも基本的な操作の一つですね。「リンク・画像⇒右から二番目のアイコン⇒画像挿入の設定」







補足説明
その他にも、様々な機能がありますが、極端ですが基本的なリンク、画像挿入さえできれば、ホームページは作れると思います。他の操作は、画面の指示に従うことで、できると思います。少したったら、テキストエディタでも紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ