デスクトップの全アイコンを一時的に非表示にできるソフト

EraseDesktopIcon

インストール不要
EraseDesktopIconのスクリーンショット
スクリーンショット一覧を見る
制作者:くりちゃん
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

rating: おすすめ度

ダウンロード
デスクトップに表示されている全てのアイコンを、ホットキーで表示/非表示を切り替えられるソフト。プレゼンテーションなどでデスクトップのアイコンを一時的にすっきりさせたい場合や、デスクトップのスクリーンショットを取るのにアイコンが邪魔になるときに簡単に非表示にできる便利なソフト。インストール不要で手軽に利用できます。
EraseDesktopIcon について
「EraseDesktopIcon」は、デスクトップに表示されている全アイコンを一時的に非表示にしたり、再表示することができるソフトです。起動中はタスクトレイに常駐し、ホットキーを設定しておくことで素早く表示/非表示の切り替えができます。デスクトップアイコンが邪魔になるときに、すばやく非表示にしてすっきりした状態にできます。

使い方

  1. 本ソフト「EraseDesktopIcon」を起動します。
  2. タスクトレイに「EraseDesktopIcon」のアイコンが表示されます。
  3. タスクトレイのアイコンを右クリックするとメニューが表示されます。
  4. メニューから [ Option ] を選択します。
  5. 「EraseDesktopIcon」の設定画面が表示されるので、以下の項目を設定してください。
    • 起動時にデスクトップアイコンを非表示にする。
      チェックを入れると本ソフトの起動時にデスクトップのアイコンを非表示にします。
    • スタートアップに登録する。
      チェックを入れると本ソフトをWindowsのスタートアップに登録します。
    • ホットキーの登録
      表示 / 非表示 それぞれのホットキーを設定します。
  6. 本ソフトの起動中に、設定画面から設定したホットキーを押すか、タスクトレイのアイコンを右クリックしメニューから [ DesktopIcon Hide ] を選択するとデスクトップアイコンが非表示になります。
  7. 再びデスクトップアイコンを表示したい場合は、設定画面から設定したホットキーを押すか、タスクトレイのアイコンを右クリックしメニューから [ DesktopIcon Show ] を選択してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
備考
本ソフトの使用には「Visual Basic 6.0 Service Pack 6 ランタイムライブラリ」をインストールしている必要があります。
ソフトウェア情報
提供元 - くりちゃん
対応OS - Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン - 2.3.0.1(2018/05/26)
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容