1分おきに指定したキー入力シグナルを送り続けるソフト

Noise

海外製ソフトインストール不要
Noiseのスクリーンショット 制作者:skrommel
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

rating: おすすめ度

ダウンロード
キー入力の信号を1分(60秒)おきに送り続けるだけのシンプルなソフト。キーボードの指定したキー押下の入力シグナルをWindowsに1分間隔で自動的に送り続けることで、スクリーンセーバーが起動したりスリープモードに移行するのを防ぐことができます。起動中はタスクトレイに常駐します。
Noise について
「Noise」は、キーボードの指定したキーの入力シグナルを1分おきに送り続けるソフトです。本ソフトを使えば60秒間隔でキーボードのキーを入力しているのと同じ状態をWindowsに認識させることができるため、長時間パソコンを操作していなくてもスクリーンセーバーが起動したり省電力モードに移行するのを防ぐことができます。

プレゼンテーション中などに、パソコンの画面をスクリーンに映した状態でしばらく操作しない時間がつづくと、意図せずスクリーンセーバーが立ち上がってしまうことがありますが、そんなときは本ソフトを使えばキーボードの入力操作しているのと同じ状態が作れるというわけです。

使い方

  1. 本ソフト「Noise」を起動します。
  2. タスクトレイに本ソフトのアイコン Noise が表示されます。
  3. タスクトレイアイコンをダブルクリックするか、右クリックしてメニューを開き [ Show ] を選択すると本ソフトのメイン画面が表示されます。
  4. メイン画面のテキスト入力欄に、入力信号を送信したい任意のキーを入力します。
  5. 指定したキーの入力シグナルが1分おきに送信されるようになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトウェア情報
提供元 - skrommel
対応OS - Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン - 1.2(2018/06/29)
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容