マウスカーソルを画面端に移動するだけでスクリーンセーバーを起動するソフト

mSaver

インストール不要
mSaverのスクリーンショット 制作者:丸干商店
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

rating: おすすめ度

ダウンロード
マウスカーソルを画面端に移動するだけでスクリーンセーバーを起動してくれるソフト。タスクトレイに常駐し、マウスカーソルをデスクトップ画面の上下左右いずれかの端に移動して数秒待つだけで、Windowsのスクリーンセーバーを立ち上げることができます。ちょっと離席するために作業中の画面を隠しておきたいときなどに便利。
mSaver について
「mSaver」は、マウスカーソルを上下左右いずれかの画面端に移動するだけでスクリーンセーバーを立ち上げてくれるソフトです。ちょっと離席する間に作業中のパソコン画面を誰かに見られると困るとき、画面をスクリーンセーバーで隠しておくために本ソフトを利用する、といった使い方ができます。

スクリーンセーバー起動までの秒数は、設定により1/2/3/5/10秒の中から選択可能。またマウスカーソルの移動先も、画面の上下端のみ、または左右端のみに設定できます。インストール不要で手軽に扱えるので、仕事場のPCなどでもUSBメモリから起動できて比較的使いやすいツールです。

使い方

スクリーンセーバーを起動する

  1. 本ソフト「mSaver」を起動します。
  2. タスクトレイに「mSaver」のアイコン mSaver が表示されます。
  3. マウスカーソルを上下左右いずれかの画面端に移動するとスクリーンセーバーが起動します。
    • スクリーンセーバーが設定されていない場合は、その旨を伝えるポップアップウィンドウが表示されます。

設定

タスクトレイのアイコン mSaver を右クリックしてメニューを開くと、以下の設定を利用できます。
  • スクリーンセーバー起動までの時間
    マウスカーソルを画面端に移動してからスクリーンセーバーを起動するまでの時間を、1秒/2秒/3秒/5秒/10秒 のうちから選択できます。
  • 起動への感知幅
    画面端の何ピクセル目からマウスカーソルを感知するかを、1ピクセル/5ピクセル のどちらかから選択できます。
  • 感知するライン
    左ライン/右ライン/上ライン/下ライン のうちからマウスカーソルを感知したい位置にチェックを入れます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーソフトラボ.comのRSSを購読
このエントリーをはてなブックマークに追加
備考
本ソフトの使用には「Visual Basic 6.0 ランタイムライブラリ」をインストールしている必要があります。
ソフトウェア情報
提供元 - 丸干商店
対応OS - Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン - 1.1.1(2018/06/14)
記事の更新日 -

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。
このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?

ユーザーレビューを書く

ユーザー名
タイトル
ソフトの評価
お使いのOS
レビュー内容