本体ファイルのみの実用的ブラウザ「Browzar」

ウェブブラウザ 約2分で読めます 更新日:2019/11/30
本体ファイルのみの実用的ブラウザ「Browzar」
名前 Browzar
製作者 Browzar.com
ダウンロード こちら
記事公開日 2009年01月24日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

「アドウェアだ!」等の意見も非常に多いこのブラウザです。ご利用になる前に、「アドウェアの可能性もある」ということをご理解のうえに本ソフトをご利用ください。私個人としては、実用的で好きなブラウザですので利用しています。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

Browzar の使い方

Browzarは「本体ファイルだけで利用可能」「キャッシュや履歴・クッキー等を保存しない」とのことで話題になったものです。まあ、この点やアドウェアにつきましては、一通り使い方を記した上でじっくりと記述したいと思います。

なお、インストール版は正直面倒な上に、わざわざインストールするほどのものではありませんので、ZIPバージョンをご利用されることを奨励いたします。そうすることで、持ち運びも便利になります。

ZIP解凍後の「BrowzarBlack2000.exe」(現時点の最新バージョン)を起動するとブラウザが立ち上がります。この本体ファイルのみ(正確にはIEも必要)で起動可能です。222kbなんて、信じられませんね。インターフェイスもカッコイイです。



このブラウザは、いわゆるオプション設定等がありません。本体ファイルのみとなれば、仕方のないことですね。ですから、まったく設定等を行わずにシンプルにタブブラウザでインターネットを行えます。

Browzar はアドウェア?

さて。冒頭から「アドウェアの可能性」について触れてきました。では、なぜアドウェアと呼ばれているのでしょうか。記されているページの提示とともに、引用してみます。

Browzarのホームページ(デフォルト・ページ)にはBrowzar社の検索ページが設定されていて,その検索ページでは,通常のリンク(検索結果)の中に,スポンサ・サイトへのリンクを混在させているためだ。

もしこの情報が確かなら,Browzarユーザーは,意図せずにスポンサ・サイトへ誘導される恐れがある。

そのほか,「訪問履歴を残さない」というのも誤りではないかと指摘されている。最後にアクセスしたサイトのURLやリダイレクトされたURLなどの情報が,パソコンの特定ファイルに記録されるという情報があるためだ。

そのほかにもさまざまな矛盾が生じている。例えば、Browzarの起動ページから「Google Account」にログインすると、Browzarアプリケーションを閉じても、IEからGoogleを閲覧した場合はログインしたままの状態が続いてしまう。
さらに一部のユーザーからの苦情によればURLのオートコンプリート(自動補完)が正常に作動せず、ユーザーが意図しないのに勝手に広告満載のBrowzarの起動ページに飛んでしまうという。

まあ、もしこれが事実だとしても、私はこのブラウザを支持します。メインとして利用するのは少々微妙ですが、サブとしては非常に良いブラウザとなるでしょう。検索結果にスポンサーリンクがあるのであれば、Google等から検索を行えば解決するはずです。

履歴を残す・残さないなんてことは、正直私のような「1人でPCを利用する」環境の人にとってはあまり関係のないことです。さらに、残すのが一般的なブラウザなので、残すのは仕方のないことでしょう。確かに「履歴を残さない」といっておいて残すのもどうかと思いますけどね。

つまりは、「アドウェア的な部分をどう思うか」「信用できるか」の問題でしょう。これは個人の考えであります。信用できないのであれば、実害面・精神面等の理由で利用しないのが最善でしょう。

しかし、この程度のことで、このような優良ブラウザが落ちこぼれてしまうのは非常に残念なことです。とまあ、「社員乙」「信者乙」と言われてしまいそうなべた褒め文章でしたが、最終的にはこのブラウザの利用は個人の判断に任せられることになるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ