シークがスムーズな軽量メディアプレイヤー「fusion」

メディアプレイヤー・音楽再生ソフト 約1分で読めます 更新日:2019/11/30
シークがスムーズな軽量メディアプレイヤー「fusion」
名前 fusion
製作者 -
ダウンロード -
記事公開日 2008年11月01日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

大きな動画ファイル等だと、シークがスムーズに行われないときがあります。このソフトは、シークが非常にスムーズで、さらに軽量なメディアプレイヤーです。メモリ使用量も他のプレイヤーに比べて少ないという利点もあります。詳細は続きで。

※本ソフトは配布終了に伴いダウンロード先ページのリンクを削除しました。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

fusionの使い方

fusionは特に設定する項目がありません。そのままの状態で利用できます。スキン等については、後ほど記しますので、最初にメディアファイルの再生方法について書きたいと思います。

再生したいメディアファイルをfusionに「ドラッグ⇒ドロップ」してください。対応している形式は、一般的に困らないレベルのものです。動画は「DivX, XviD,AVI, MPG, MPEG, WMV, ASF」。音声は「MP3, WMA, WAV, MID, CDA, PLS, OGG」あとは「IFO」等の再生にも対応しています。

このままでも充分軽快な動作が可能なのですが、もっとスムーズにメディアファイルの再生を行うために「優先度」の設定をしましょう。タスクマネージャーを起動して、「Fusion.exe」を「右クリック⇒優先度の設定⇒高」としてください。メッセージウィンドウが出てきますが、無視して問題ありません。

これで、よりスムーズに再生できる環境を手に入れられました。試しに、シークをしてみてください。他のプレイヤーよりも非常に反応が素早いはずです。一瞬でクリックした位置にバーが動くのは気持ちがいいものです。

fusionのスキン

公式サイトでfusionのスキンを配布しています。参考までにURLを載せておきます。
http://www.fusionmedia.org/index.php?inc=skins

現在のところ、4つスキンがあります。私個人としては、デフォルトスキンが一番気に入っているのですが、今回は「DivX」のスキンにします。「FUS形式」という見かけない拡張子のものがダウンロードされます。これを「fusion/skins」のフォルダに移動してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ