多数の内蔵コーデックを持つメディアプレイヤー「KMPlayer」

メディアプレイヤー・音楽再生ソフト 約1分で読めます 更新日:2019/11/30
多数の内蔵コーデックを持つメディアプレイヤー「KMPlayer」
名前 KMPlayer
製作者 Pandora TV Co., Ltd.
ダウンロード こちら
記事公開日 2008年08月29日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

動画を再生していると、再生されない動画が出てくることがよくあります。そのような時に、コーデックをインストールするのもいいのですが、このソフトを持ってれば、たいていのものが再生できます。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

KMPlayerのダウンロード

いつもは、ダウンロードの方法を書かないのですが、少々分かりにくいと判断したので、記したいと思います。まずは、トップページへアクセスしてください。その中の「Download」をクリック後、「Click to download the latest stable release」をクリックしてください。
そうすると、最新バージョン情報が書いてあると思いますので、それをクリックしてダウンロードしてください。少々複雑で、もしかするとダウンロード方法が変化する場合もありますのでご了承ください。

KMPlayerの使い方

再生したいファイルを「ドラッグ⇒ドロップ」でKMPlayerへ再生させます。動画ファイルの場合は、自動でその動画の指定のサイズに変わります。また、音楽ファイルの場合も自動的に音楽を再生するための画面(Audio Mode)に変わります。



↓音楽再生時

KMPlayerのスキン設定

本体を「右クリック⇒スキン⇒スキンフォルダを開く」でスキンを設定することができます。もし、内部スキンを利用したいという場合は、「「右クリック⇒スキン⇒内部スキン」で設定してください。正直、デフォルト設定でも充分カッコイイと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ