USBメモリで持ち運べる軽量メディアプレーヤー「MPlayer Portable」

メディアプレイヤー・音楽再生ソフト 約1分で読めます 更新日:2019/11/30
USBメモリで持ち運べる軽量メディアプレーヤー「MPlayer Portable」
名前 MPlayer Portable
製作者 PortableApps.com
ダウンロード こちら
記事公開日 2008年03月17日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

このメディアプレーヤーは、軽量なだけでなくて、CD等の小型記憶媒体へのインストールができるプレーヤーです。つまり、出所先のパソコンからも、記憶媒体さえ持っていれば起動できるというわけです。さらに、あらゆる形式のファイルの再生に適応しています。詳細は続きで。

※インストール等のわからないことがございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

1. 普通に再生する

一般的なソフトと変わらず、普通に再生する場合は「ファイル⇒ファイルから再生」です。その他にも、CDやURL等から直接再生することができます。WMPよりも高機能ですね・・・。

2. コーデックを追加する

このままでは、再生することができないファイルがあるので、コーデックを追加しましょう。「MPlayerPortable\App\mplayer\codecs」へ下のコーデックを追加しましょう。

この中にあるファイルをすべて「MPlayerPortable\App\mplayer\codecs」へぶち込みます。そうすれば、コーデックの追加は完了です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ