Windows Media Playerを超軽量化したメディアプレイヤー「Simplayer WMP」

メディアプレイヤー・音楽再生ソフト 約1分で読めます 更新日:2019/11/30
Windows Media Playerを超軽量化したメディアプレイヤー「Simplayer WMP」
名前 Simplayer WMP
製作者 ファイナルストリーム
ダウンロード こちら
記事公開日 2008年10月22日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

Windows標準のプレイヤーソフトであるWMPですが、一般的ユーザーには無駄な機能ばかり入れたが故に、重いだけの使えないプレイヤーと言われてしまってます。その無駄な機能を徹底的に排除したWMPがこのソフトです。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

Simplayer WMPの使い方

これも、他のメディアプレイヤーと同じ使い方ですね。といっても、このプレイヤーソフトは「タイトルバーのみ」に「ドラック⇒ドロップ」が対応しております。動画再生部分へはドラッグ出来ないのは、少々面倒なところですが・・・。



動画の読み込みが完了すると、再生が開始されます。WMPよりも読み込みが速い上に、メモリ使用量が少ないです。ただ、このような軽いプレイヤーに多いのですが、あまりにも大きなファイルを読み込ませると応答なしになってしまいます。



操作は、シークバーのみという非常にシンプルな設計になっています。あとは、画面上を右クリックを行うことでメニューを出すことができます。ショートカットキーの設定が出来ればより良いのですが・・・。



このソフトはWMPを基盤としているので、WMPで再生することが出来ない形式の動画ファイルは再生することが出来ません。ただ、コーデックを追加して様々な形式のファイルを開けるようにしてあれば、このソフト自体も様々な形式のファイルを再生することができようになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ