拡張性が高く高音質&軽量な音楽プレイヤー「XMPlay」

メディアプレイヤー・音楽再生ソフト 約1分で読めます 更新日:2019/11/30
拡張性が高く高音質&軽量な音楽プレイヤー「XMPlay」
名前 XMplay
製作者 Un4seen Developments
ダウンロード こちら
記事公開日 2008年09月23日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

高音質であり、軽量であり、インストール不要。これがこのソフトの最大の魅力です。インストール不要ということは、USBメモリやCD等に入れて持ち歩くことも簡単です。外出先での音楽プレイヤーとして、重宝するでしょう。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

XMPlayの使い方

他の音楽プレイヤーと同じように、プレイヤー本体へと音楽ファイルを「ドラッグ&ドロップ」してください。プレイリストが勝手に作成されます。

あとは、再生ボタンをクリックするだけです。その他の基本的動作に関しては、スキンによって多少異なるところがありますので、ここでは取り上げません。

XMPlayでのスキン変更方法

XMPlayにスキンを適応するためには、まずスキンファイルが必要になります。スキンは公式サイトで公開されているので、ダウンロードしてください。圧縮ファイルの場合、解凍後の「●●.xmpskin」というのがスキンファイルになります。

スキンファイルを用意したら、続いて「xmplay.exe」が入っているフォルダ内に先ほどのスキンファイルをコピーもしくは移動します。



現在プレイヤーを起動中であるのなら、一度閉じて、もう一度起動します。そしてプレイヤーのタイトルバーを右クリックすると、先ほど移動したスキンファイルの名前が一覧になっています。お好きな物を選択してください。スキンがすぐに適応されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ