壊れているAVI動画ファイルを修復するソフト「DivFix++」

動画・音楽編集ソフト 約1分で読めます 更新日:2019/11/30
壊れているAVI動画ファイルを修復するソフト「DivFix++」
名前 DivFix++
製作者 Erdem U. Altinyurt
ダウンロード こちら
記事公開日 2008年10月28日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

壊れている動画ファイルや、ダウンロード途中である動画ファイルを再生できるようにするソフトです。とても使い勝手がいいです。ダウンロード途中で途切れてしまった動画等も再生できるようになります。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

DivFix++ の使い方

使い方は非常に簡単です。ダウンロードしたファイルを解凍、本体ファイルを起動後、壊れている動画ファイル、もしくはダウンロード途中で途切れてしまった動画ファイル等を「Source Files」に「ドラッグ⇒ドロップ」で追加します。ただし、AVIファイルしか修復することが出来ません。





上にあるフォルダアイコンをクリックして、修復完了後に動画をどのディレクトリに保存するかどうかというのを設定してください。ここで指定したディレクトリに「DivFix++.元のファイル名.avi」が作成されます。



準備が整ったら「Fix」をクリックしてください。複数ファイルを選択して、修復することも可能です。



壊れてしまっている動画ファイルがある場合、もう一度そのファイルをダウンロードしなおすのが最も確実な方法です。ただ、場合によっては公開停止や諸事情によってダウンロードしなおせない場合等があります。そのような時に利用するのがいいでしょう。ダウンロード途中で再生ができないのは、フォーマットの関係みたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ