画像ファイルをアイコン形式へ変換するソフト「@icon変換」

画像閲覧・編集ソフト 約1分で読めます 更新日:2019/11/30
画像ファイルをアイコン形式へ変換するソフト「@icon変換」
名前 @icon変換
製作者 towofu
ダウンロード こちら
記事公開日 2009年02月02日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

先日紹介いたしましたエクスプローラー上のアイコン変更ソフト「ファイルの種類に関連づけられたアイコンを変更」ですが、アイコンの変更はPNG形式へは対応しておらず、ICOファイルのみでした。もし、PNG画像をアイコンとして利用したい場合は、このソフトでICOファイルへ変換しましょう。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

@icon変換 の使い方

今回の本来の目的は「PNG形式の画像ファイルをICO形式のファイルへと変換する」ということですので、まずは目的となるPNGファイルを用意いたしましょう。案外、アイコン配布サイトではICOよりもPNG形式で配布しているほうが多いかもしれません。

ソフトを起動したら、「ファイル⇒開く」から目的のPNG形式の画像を選択しましょう。なお、読み込みは「ICO/BMP/PNG/PSD/ICL/EXE/DLL」ファイルが対応しています。実行ファイルのアイコンを抜きたいとき等にも利用できます。



読み込むと、左側に「読み込んだファイルの一覧」が表示されて、右側に「現在選択中の画像ファイル」が表示されます。今回は、ひとつだけ読み込みましたが、複数のファイルを読み込むことも可能です。



右側に表示された画像ファイルを見て、ICOへ変換を行いたい画像かどうかを確認後、「ファイル⇒単独iconとして保存」としてください。出てきたウィンドウからディレクトリを選択して、保存を行ってください。



ファイラーから見ると、ICOファイルのほうが小さくて、画質が非常に落ちているように見えるかもしれませんが、実はあまり変化はしていません。なので、ご安心してアイコンの変更にご利用ください。



左側が元のPNGファイル。右側が変換後のICOファイルです。それぞれ縮小している上に、JPG形式ですので、ジャギーが目立ちますが、深刻なまでの違いは特にないと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ