ファイル・テキストを暗号化できるソフト「ロリコンバータ(乙)」

セキュリティソフト 約1分で読めます 更新日:2019/11/30
ファイル・テキストを暗号化できるソフト「ロリコンバータ(乙)」
名前 ロリコンバータ(乙)
製作者 モコあき
ダウンロード こちら
記事公開日 2009年03月29日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

最近、このような「ネタソフト」の部類に入るものの紹介が若干多いような気もしますが、これは「なかなか実用性あり」なソフトです。バイナリ・テキスト問わず何でも「ロ」と「リ」のみで構成されているテキストファイルに暗号化することができるユニークなソフトで、非常に重宝します。見られたくないテキストファイル等の暗号化等にお使いください。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

ロリコンバータ(乙) の使い方

使い方は、非常に簡単です。まずはダウンロードしてきたファイルを解凍します。その解凍したフォルダ内部にある「loliconv.exe」が本体ファイルですので、実行してください。



実行すると、このような画面が出てきます。仕事中にこのような画面を表示させたら、一発で信用が失われますね。まあ、見つかったときは「暗号化ですよ、暗号化ソフトです」と言い訳すると、社風によっては笑って済まされるかもしれません。可能性は低いですけど・・・。



それでは、暗号化についての説明です。暗号化したいファイルをウィンドウに「ドラッグ⇒ドロップ」してください。実行ファイル・音楽ファイル・画像ファイル・動画ファイル等の暗号化の成功を確認しました。ただ、容量が大きすぎると暗号化は出来なくなります。

暗号化が完了すると、同じフォルダ内部に「暗号元のファイル名.暗号元の拡張子.txt」が作成されます。容量は、元となったファイルよりも8倍近くまで大きくなりますが、暗号化は完璧に行われます。



これが暗号化したファイルです。拡張子が「.txt」なので、テキストエディタで開かれます。全てが「ロ」の半角と「リ」の半角で出来ています。何も知らない人が開いたら、もはや気が狂ったと思われてしまうでしょうね。そのような面でも、暗号化はばっちりです。



元に戻したい場合は、先ほどと逆の操作を行えばいいのです。暗号化をしたファイルを「ドラッグ⇒ドロップ」すれば、元々のファイルに戻ります。実用性が高いと思いますので、是非ご利用ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ