安全性の高いパスワード生成ソフト「Password Creator TypeB」

セキュリティソフト 約1分で読めます 更新日:2019/11/30
安全性の高いパスワード生成ソフト「Password Creator TypeB」
名前 Password Creator TypeB
製作者 Fapsis
ダウンロード こちら
記事公開日 2009年04月19日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

このソフトは、ランダムにパスワードを作成することが出来るソフトです。パスワードというのは、破られて初めてその重要性が分かるものかもしれません。ですから、「分かりっこない」という甘い考えではいけないと思います。パスワードを破られる前に、その重要性を認識すべきです。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

Password Creator TypeB の使い方

ソフトを起動すると、まず最初にこのような画面が出てきます。いきなりパスワードを生成しても構いませんが、やはりその前に「設定」をクリックして、パスワードをどのように生成するかの設定をしておいたほうが無難でしょうね。



普通は「通常の設定」で結構です。もし、「文字の種類ごとに文字数を指定したい」という場合には、「詳細設定」をお選びください。さて。この設定から「パスワードに使う文字」と「文字数」等を指定します。「パスワードの長さ」は「文字数」です。「15~20」にすると、15~20の文字数をランダムで決定、「15~15」にすると、15文字限定になります。



設定が済んだら、作成するパスワードの数を選択して「生成」をクリックしてください。基本的には生成するパスワード数はひとつで結構です。複数のパスワードを比較してどれかを選ぶという場合には、複数にしてください。



そうするとこのような画面が出てきますので、ゲージが100%になるまでマウスを動かしてください。どのような方向に動かしても大丈夫です。パスワードが長くなければ、あっという間にゲージは満タンになります。



生成されたパスワードがお気に召されたら、「セーブ」をクリックしてそのパスワードをテキスト形式で保存しておくのも良いかもしれません。といいましても、パスワードをどこかに保存してしまったら、セキュリティ的には「よろしくない」です。出来れば保存しないほうが好ましいですね。

今回は「3{PS2*7rA$/_&Ja4p」という非常に難しいパスワードが生成されました。このようなものは、数日では覚えられません。しかし、その分「解析されにくい」ともいえます。セキュリティを取るか、手間を省くのを取るかですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ