「***」で見えないパスワードの中身を解析できるソフト「PasswordEye」

セキュリティソフト 約1分で読めます 更新日:2019/11/30
「***」で見えないパスワードの中身を解析できるソフト「PasswordEye」
名前 PasswordEye
製作者 Tatsuya Bunei
ダウンロード こちら
記事公開日 2008年09月12日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

パスワードを入力すると、「*****」や「●●●●●」等になり見えなくなります。このソフトはそれを表示することができるとても便利なソフトです。私はプロバイダ提供のメールアドレスのパスワードを忘れてしまった時に使用しました。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

PasswordEyeの使い方

パスワードを表示させると聞くと、とても難しそうに感じますが、このソフトならとても簡単です。起動したら「ファインダー」と呼ばれるアイコンが出てきます。それを見たいパスワードの部分にドラッグするだけです。

このアイコンをパスワード部分のテキストボックスに合わせてください。そのテキストボックスの周りが黒い点線に囲まれたら解析可能ということです。



今回は、パスワードチェッカーで最強レベルのものを利用します。文字列は

「freesoftlab.nagaipasudemokanntannkaisekidekityau12389」

というものにしました。適当ですが、パスワードクラックは一般的には不可能とされるレベルですね。



WEB上のテキストボックスには対応していませんので、Windowsメールで試してみました。Thunderbirdでは、テキスト部分に黒枠が出ませんでした。


「テキスト」の部分にパスワードが表示されます。最強レベルのパスワードも、ごく一部のソフトに限られますが、解析することができます。

補足説明
このソフトで解析できるパスワードのテキストボックスは限られています。なので、一番はパスワードを忘れないようにすることです。ローマ字入力で、自分なりの文字列を打てば、忘れずに長いパスワードを作ることができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ