充実したスケジュール管理ソフト「Schedule Watcher」

ソフトウェア全般 約1分で読めます 最終更新日:2019/11/09
充実したスケジュール管理ソフト「Schedule Watcher」
名前 Schedule Watcher
製作者 SAKO
ダウンロード こちら
記事公開日 2008年04月14日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。詳しくはこちら

このソフトは、スケジュール機能がとても充実しているソフトです。このソフトさえあれば、他のスケジューラーは必要ないといえます。様々な機能があるので、ここではすべて紹介することはできませんが、一度使えばその凄さはわかると思います。お仕事のお供に、友人との約束に、様々な場面で役に立つ実用性あふれるソフトです。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

1. 環境設定の仕方

環境設定は、起動後にタスクトレイにあるアイコンを「右クリック⇒設定」で行うことができます。かなり細かなところまで設定することができますので、すべて紹介することができません。自分なりに設定してみてください。もちろん、デフォルトの状態でも充分使用することができます。

2. スケジュールの追加

スケジューラーで一番必要とされているものといえば、「スケジュールのメモ」ですよね。今回はその設定方法について説明します。タスクトレイにあるアイコンを「右クリック⇒スケジュールの追加」で、日時・場所等の設定を行い、最後にメモをします。

そうすると、デフォルト設定だと、メモをした日にちの下に線が入っています。ダブルクリックすると詳細が見れます。
ちなみに、私が本当に筑波山に行くわけではありませんので、間違っても私を探さないようにしてください。





スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ