超高音質で有名なiAUDIOのレビュー

特集 約5分で読めます 更新日:2019/11/20
超高音質で有名なiAUDIOのレビュー
名前 -
製作者 -
ダウンロード -
記事公開日 2008年10月10日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。また現在、この記事の内容についてのサポートや質問対応は行っておりません。詳しくはこちらへ。

高音質なプレイヤーとして有名な「iAUDIO」を購入したので、レビューをしたいと思います。なるべく、偏見等が入らないように気を付けてレビューを行いたいと思いますが、もしかすると入っているかもしれません。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

iAUDIOのレビュー

下に挙げた項目に、それぞれ10点満点で点数をつけたいと思います。正直な点数と、正直な感想を加えます。ご購入をお考えの方は、私だけのレビューを見ただけで意思決定せずに、他のレビューも見ることをお勧めいたします。

●取扱商品●
COWON iAUDIO U5-ブラックシルバーU5-8G-BS
メーカー:COWN

●値段●
★★★★★★★★★☆/10点
8GBで1万2千円というのは、破格とも言えます。かの有名なプレイヤーで8GBほどの大容量だと、最低でも2万円~3万円ほどの値段となります。では、8GBはいったいどれほど曲が入るのでしょうか?8GBは8,192MBです。しかし、設定ファイル等が含まれていますので、使用できるのは7,680MBほどです。

320kbpsのMP3形式を1曲10MBとして計算すると、8GBで768曲ほど入ることになります。あくまでも、参考程度です。私の場合はWAVファイルを入れたので、550曲程度でいっぱいになってしまいました。

●デザイン●
★★★☆☆☆☆☆☆☆/10点
「商品撮影写真」に掲載したとおりです。個人的に嫌いなデザインではありませんが、友人によると「安っぽい」みたいなので、人によっては安っぽいというデザインとなるのでしょう。

ボタン等の位置についてですが、曲を操作する際のボタンは特に問題があるようには思えませんが、サイドにある電源ボタンは「ホールド状態」にしないと動いている最中、勝手に電源が切れるような事態に陥るかもしれません。さらに、RECボタンも、誤操作で押してしまうような場所にあります。

●バッテリー●
★★☆☆☆☆☆☆☆☆/10点
「24時間もつ」とのことですが、わずか6時間~7時間程度でバッテリーが切れてしまいました。明度設定を下げたり、電源関連の設定を行いましたが、それでも到底24時間もつとは考えられない状態です。

●携帯性●
★★★★★★☆☆☆☆/10点
なかなか軽い上に、小さいので携帯するのはとても簡単でしょう。ポケットに入れるのがちょうどいいようなサイズですし。ただ、若干滑りやすいような気がしました。なので、胸ポケット等に入れた状態でしゃがんだりすると、スルリと落ちていってしまうかもしれません。音楽プレイヤーなんて、たいていそのようなものだと思いますが。

●音質●
★★★★★★★★★★/10点
最初に聴いた時、とても驚きました。明らかにパソコンから聴いた時よりもはるかに音質が良いのです。「BBE設定が可能」というのがとても大きな部分なのでしょう。BBEというのは、MP3など圧縮されたデジタル音源を原音に近づけるための音質補正技術です。

音質は文句がありません。携帯音楽プレイヤーでここまで音を出すことができるのであれば、上出来でしょう。ただし、あまりBBEをいじりすぎると、若干ながら違和感が生まれてくるような気がします。適度に使う程度が一番いいのでしょう。

●充電●
★★★☆☆☆☆☆☆☆/10点
別売の充電機器を購入しない限り、USBで直接パソコンへ接続して充電するような方式です。USBハブ等へは対応しておらず、PC本体についているUSBへ直接差し込むしかありません。別売の充電機器を購入しない限りパソコンがないところだと、充電ができないというのがネックですね。

●バグ・不具合への対策●
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆/10点
バグ・不具合が異常に多いですね。まず初めに気がついたのは「曲がストップして次に進まない」ということです。さらには、手動で次の曲へ進ませても、再生ボタンを2回~3回ほど押さないと反応しない。等の不具合が目立ちます。頻度的には10回に1回ほどです。

さらに、とても大きな不具合がありました。曲を再生中にフリーズして、操作を一切受け付けない上に、充電を行うためにパソコンへとつなごうとしても、パソコン側が認識しませんでした。つまりは、完全にフリーズ状態というわけです。

バッテリーが切れるまで待って、もう一度充電することで回復いたしましたが、原因は不明なうえに非常に嫌な不具合です。

●総合●
★★★★★★☆☆☆☆/10点
私のような「音楽を高音質で聴くだけでいい」という方にとってはとても良い商品だと思います。不具合が異常に多い上に、動画ファイル等の再生に一切対応していませんので「色々なメディアファイルを快適に取り扱いたい」等の方にはお勧めできません。あくまでも「音楽」に特化したプレイヤーです。

iAUDIOの不具合

以下、追記になります。前に、iAUDIOのレビューを行いましたが、その時に「不具合がひどい」と書きました。自分が体験した不具合を示して、それに対する対応方法等をまとめました。それと、iAUDIOのメイン機能である音声設定も、分かる範囲で説明いたします。

これらの不具合は、全てのiAUDIOで起こることではない上に、環境によってはこれ以上の不具合がある可能性があります。ここに載っているのは、私が体験した不具合のみのです。原因・対策等は私自身が考えたものですので、確実性は若干ながら薄れます。

●曲が停止して次の曲が再生できない●
考えられる原因:MP3以外のファイル
対策:MP3以外のファイルを消す

購入当初は、これにとても悩まされていました。シャッフルモードでも、普通のモードでも、何回も曲が停止して次の曲の再生が始らないのです。色々と原因を考えてみたところ、入れていたWAVファイルの再生時にストップしてしまうことに気が付きました。

なぜWAVファイルの再生を行うことが出来ないのかは、よく分かりませんが、このWAVファイルは「MP3からWAVへ」変換したものでした。MP3から、わざわざWAVにしたというのは、それなりの事情があったのですが・・・。一般的にはしない行為ですよね。たぶん、このせいで再生ができなくなってしまったのではないでしょうか。

●ディスプレイがついたまま操作を受け付けない●
考えられる原因:マイクを入れないでRECボタンを押した
対策:バッテリー切れまで放っておく

レビューにも書いた不具合ですが、ディスプレイがついたまま操作を一向に受け付けようとしない現象です。今考えてみると、その前にRECボタンを押してしまったことが原因ではないかと思います。

iAUDIOにはマイクを接続することができる部分があります。これでラジオだけではなくて、ボイスの録音も可能になるのです。しかし、その部分に何も差し込まず、さらにはラジオも再生していない状態でRECボタンを押してしまったので、iAUDIO側が何を録音していいのか理解できずにフリーズしたと考えました。・・・でもまさか、そんなことないですよね?

●ディスプレイが黒いまま操作を受け付けない●
考えられる原因:心当たりが全くないです
対策:とにかく長い時間放置しておく

ディスプレイがついたままフリーズする分には、まだ壊れていないと確信できて精神的に気持ちが楽なのですが、ディスプレイが消えたまま操作を受け付けなくなると、結構精神的に厳しいところがあります。

こればっかりは、全く心当たりがないです。電源を入れようとしたら、電源が入らない上に、勿論ボタン操作は一切受け付けません。しかし、1日放置して電源を入れてみると「low battery」と出て、消えました。つまり、「電源が入ってないと思っていたが、実際にはついていて電力を消費していた」と考えられます。もう一度充電して回復です。

iAUDIOの音声設定

iAUDIOは音質のみに特化したプレイヤーですので、音声の設定が他のプレイヤーとは比べ物になりません。少しべた褒めし過ぎな感じがしますが、ここまでの機能が付いた携帯音楽プレイヤーは少ないのではないでしょうかね。

それでは、主な機能について説明いたします。音楽専門化ではないので、あまり詳しいことは分かりませんが、正直分かっていなくても「いじっていてこれが良い」と思った設定でいいと思います。好きな音というのは人それぞれ違うわけですからね。

Equalizer
特定の音域の音声信号を強調したり、逆に減少させたりする事が出来る。

BBE
音の解像度と分離度を高める高鮮明音質改善システム。

Mach3Bass
低音強調Bassブースター。

MP Enhance
圧縮により喪失した音域を再現。

3D Surround
音質の自然な広がりを再現する音場機能。

それでは、参考までに私の設定をここに記したいと思います。曲ごとにいちいち設定を変えるのが面倒なのですが、この設定だと非常に微妙な感じの再生になってしまう曲調のものがあります。専門化の方に見せたら、非常にデタラメで音楽を楽しむ設定でないと言われるかもしれません。ただ、私はこの音が好きなのです。

Equalizer
80:11
220:0
780:7
3.0k:10
13k:12

BBE:10
Mach3Bass:10
3D Surround:3
MP Enhance:ON

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ