タスクトレイからアイコンを消して非表示にするソフト「ノータスクトレイアイコン2」

ソフトウェア全般 約1分で読めます 最終更新日:2019/11/07
タスクトレイからアイコンを消して非表示にするソフト「ノータスクトレイアイコン2」
名前 ノータスクトレイアイコン2
製作者 愛とゆり
ダウンロード こちら
記事公開日 2008年03月22日
この記事は「旧コンテンツ」です。公開日から時間が経っているため、情報が古くなっている可能性があります。詳しくはこちら

このソフトは、タスクトレイからアイコンを隠すことができるソフトです。その隠した機能自体が消えるのではなくて、タスクトレイから消えるだけですので、安心して隠すことができます。つまり、そのタスクトレイにあるアイコンを「一時的に隠す」することができるのです。詳細は続きで。

※わからないこと等がございましたら、お気軽に掲示板やメールでお聞きください。

1. 隠すタスクトレイアイコンを選択

まずは、隠したいタスクトレイのアイコンを選択してください。選択する場合は「NoTtI2.exe」を実行してください。これを実行することで、タスクトレイから隠すものを選択することができます。ここで、注意していただきたいのは、「現在表示されているアイコンしか選択できない」ということです。タスクトレイの隠れてあるアイコンは選択できません。



2. 実行する

続いては、先ほど設定したアイコンを隠す動作に入ります。アイコンを隠すためには「NoTtI2D.exe」をクリックします。アイコンは隠れるだけで、決してアイコンの機能が消えるわけではありませんので、ご安心してください。

3. アイコンを元に戻す

隠したアイコンを元に戻すには「NoTtI2R.exe」を実行すれば大丈夫です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ